男の乳首に興奮する性癖

子供の頃、何で男にも乳首があるのか不思議で仕方がありませんでした。別に何かの役に立っているようには思えないけど、なかったらなかったで格好が付かないんですよね。僕はもともとおま○こよりおっぱい派なんですが、女性の乳首はもちろん、なぜか男性の乳首にも興奮するようになっていました。どうもあの形や色に興奮しているようなんですね・・

僕が男の乳首に興味を持つようになったのは、自分の体の変化がきっかけになっていると思います。必ずしもすべての人が経験するわけではないようですが、思春期の初め頃、乳首の奥にコリコリしたしこりのようなものができて、押さえると鈍い痛みを感じることがあります。しばしば乳癌と間違えられるようですが、僕は小学校5~6年の頃、両方ともなりました。これは思春期に少年から大人の体に変化する過程で、一時的にホルモンバランスが崩れることによって起こるとされています。つまり男性ホルモンが盛んに分泌されて体は男になろうとする一方、一時的に女性ホルモンの分泌も増えて両者がせめぎ合っている状態なんですね。実際、少し胸が膨らんできたような気がして、「えっ、ぼく女になっちゃうの?」と本気で心配したことがあります(笑)。

もともと男女の乳首は発生学的には同じもので、思春期以降に女性ホルモンの働きにより発達するかしないかの違いだけなんですね。人間の原型はすべて女性だったということです。だから男性でも女性ホルモンの分泌が過剰になると「女性化乳房」と呼ばれる状態になり、胸が膨らんだり、稀には乳が出る人もいるようです。

もちろんそんなことは知る由もなかったのですが、そのまま放置しておいても1~2年でしこりは完全に消失します。これは病気ではないので何の心配も要りません。中学2年頃には完全に消えてましたが、乳首への興味はますます深まり、自分の乳首をよくいじるようになりました。

乳首には乳輪と呼ばれる周囲の着色した部分と乳頭と呼ばれる突起があります。男性だと乳輪はだいたい直径20~30ミリくらい、乳頭は直径・高さともに3ミリくらいではないでしょうか? 自分の乳首は中学生の頃よくいじっていたせいかもしれませんが、乳頭が両方とも少し肥大しています。直径・高さともに5ミリくらいありますね。個人的な嗜好としては乳頭があまり大きいのは好きじゃないんですけどね・・(^^;

男の乳首って、人によってかなり差がありますよね。女性に負けないほど大きい人もいれば、豆粒みたいに小さい人もいます。乳首にも好きなタイプというのがあって(笑)、僕は乳輪が円形に近くて大きく、乳頭はポチッと小さいのが好みです。自分の乳輪はほぼ男性の標準サイズですが、30ミリ以上あるとかなりエロく見えますね。僕はそれだけで勃起してしまいそうです(笑)。もっとも乳輪が大きすぎると本人はコンプレックスになることも多いようですが、僕だったら自分の乳首で興奮して仕方ないです(笑)。

不思議なことに乳首はペニスと連動していることもわかっています。ペニスが勃起すると乳首は小さく収縮して固くなります。射精直前には乳首がさらにギュッと収縮するような動きを見せることもあります。なぜなのかわかりませんが、ペニスと乳首が連動しているという証拠であり、男の体の神秘でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。