初めての夢精

小学校の性教育のとき、夢精といって眠っている間に精液というものが出るという話を聞いて、僕はなぜか興奮してワクワクしてしまいました。それがいつ来るのか、今か今かとずっと楽しみにしていましたが、小学生の間は結局何も起こりませんでした。

もともと夢精というものは体の中に溜まりすぎた精子を排出するために起こる生理現象ですが、通常の射精とは違ってペニスに全く刺激を与えることなく自動的に起こるのが特徴です。その時、何らかの夢を見ていることも珍しくありませんが、それは性的に非常に興奮するシーンであることが多く、特に性夢と呼ばれることもあります。つまり夢精の時に見る夢というのは本人の性的な願望の表れであると考えられます。今までの経験から言って、間違いなく自分が最も興奮するシーンや行為が夢に現れた瞬間、射精が起こります。

ただ夢と射精との関係については諸説あって、性的な夢が引き金となって射精が起こるとする説と、逆に射精が起こる際に性的な夢を見るという説もあります。どちらが正しいのかはっきりした根拠はありませんが、夢精を経験したことがない人がいくら議論しても無意味だと思います。でも自分は夢精をたくさん経験したので、自分の経験に基づいて考察することができます。結論から言いますと、どっちが先なのか自分でもわからないというのが本当です(笑)。性的な夢を見て射精したような気もするし、射精に合わせて性的な夢を見たような気もします。本当のところは経験者にもわからないのです。

ついにその時が来たのははっきりとは覚えてませんが、中学1年の前半までだったと思います。でもそのときの夢は今でも鮮明に覚えています。夢ですから全く脈絡のない支離滅裂なものですが、だいたいどんな感じだったかお話してみましょう。

前後の関係が全くわからないのですが、気がついたら僕は素っ裸で等身大の大きな鏡の前に立っていました。そしてそこに映る自分の姿を眺めていました。これってまるでナルシストそのものですよね(笑)。その頃から僕は自分の体に興奮する性癖があったので、そのような夢を見たのだと思います。

ペニスも好きでしたが、僕はその頃から乳首フェチだったので、やはり真っ先に乳首に目が行ってしまいます。そうして鏡の中の自分の乳首をじっと見つめました。するとなぜだか乳首が急にズームアップされてどんどん大きくなっていくのです。僕はそのとき胸の高鳴りを感じ、興奮してペニスがムクムクと勃起していくのを感じました。心臓の鼓動に合わせて鏡に映る乳首はますます大きくなっていき、あり得ないほど巨大になっていました。そしてついに乳首が鏡いっぱいまでズームアップされた瞬間、ペニスの奥の方がキューンと熱くなるのを感じました。そしておしっこが出るような強い切迫感が込み上げてきました。

その数秒後、ペニスがドックンドックンと力強く脈動して、熱いものが体の奥から突き抜けていくのを感じました。ペニスが脈打つたびに尿道が痺れるようなすさまじい快感が押し寄せました。それは今までに経験したことのない体の中から込み上げてくるような強烈な快感でした。

あまりの快感に僕は目覚めて、そこで夢は終わりました。そしてパンツの中が何か冷たいので、手を入れてみるとベチョベチョに濡れていました。それが精液だということはすぐにわかりました。性教育で教わった精通というものが自分にもついに来たことがめっちゃうれしかったのを覚えています。この瞬間から僕は射精という新たな能力を獲得したのです。

この間、時間にして30秒もなかったのではないかと思います。覚えているのはその断片だけで、夢が原因で射精したのか、それとも射精に合わせて夢を見たのかははっきりわかりません。しかし確かに言えることは、体が射精準備に入った段階で性的な夢を見始めるということです。おそらく夢と射精は同時進行的にシンクロしていて、生殖器の動きが大脳にフィードバックされているのだと思います。そしてクライマックスに達すると同時に射精が起こるということなのでしょう。

その後トイレに行って、明るい場所でパンツの中をしげしげと眺めました。すると見たこともない白い液体がベットリとへばり付いていて、生え始めたばかりの陰毛にもまとわりついてました。手で触ってみるとすごくネバネバしていました。そして今まで経験したことのない青臭い匂いが漂ってました。これが精液なんだ!と感動しました。

僕はそれまで精液っておしっこみたいなものを想像していたので、まさかこんな白くてヌルヌルの液体だとは思いませんでした。初めて見た自分の精液の質感に大いに興奮していました。うんこやおしっことも異なる第三の排泄物(実際は排泄物ではありませんが)。それが自分のチンポからものすごい快感とともに出てくるんだということを知って、子供心にも精液はエロいものだと直感しました。僕はそれまでうんこやおしっこに興奮する性癖があったのですが、この瞬間から興味の対象が一気に精液へと切り替わったのです。精液が作られるしくみについても調べました。それからというもの僕は精液に異常なほど興奮するようになり、ザーメンマニアへの第一歩を踏み出したわけです(笑)。

夢精というものは通常の射精よりはるかに気持ちいいもので、まさに別次元の快感といえます。この時の快感は一生忘れられないほど素晴らしいものでした。何と言っても人生で一回きりの初開通ですからね、溜まっていたものを一気に放出した底知れぬ気持ちよさがありました。おそらく人生であれほどの快感は二度とないでしょうね。

夢精の時に見る夢って、だいたい自分の性的願望をストレートに表しているんですが、この頃から自分の裸や乳首に興奮する性癖があったことがはっきりわかりました(笑)。夢精はその後オナニーを覚えるまで、1~2ヶ月に一度くらいの頻度で繰り返していたと思います。夢はほとんど覚えてないのですが、やはり自分の裸とかおしっこやうんこなどの排泄行為に興奮して夢精するケースがほとんどだったように思います。女の子の裸で夢精したことはあまりなかったような気がします。

オナニーを覚えてからはほとんど夢精しなくなりましたが、それでもたまにすることはありました。夢の中でオナニーしていてリアルに射精したこともあった気がします(笑)。最後に夢精したのは二十歳頃だったと思いますが、大人になってからはさすがに夢精しなくなりました。それは大人になるにつれて余分な精子を体に吸収する機能が備わるためと言われています。

最近はスマホなどの影響で性が早熟化しており、早くからオナニーを覚えるため夢精を経験しない人が増えています。しかしあの気持ちよさを知らないなんて超もったいないと思います。だから夢精を経験してみたい人は多いようですが、意識的に夢精するのはほぼ不可能だと思います。自分もパンツの中に手を入れておくとか試したことはありますが、それで夢精できたことはありません。思春期の頃ならともかく、大人になってからはいくらオナニーを我慢しても無理だと思います。

ただ夢精でやっかいなのは濡れたパンツの処理ですね。親に知られるのが絶対嫌でこっそり自分で洗ったりする子もいるようですが、僕は夢精したらまずトイレットペーパーでパンツの中を軽く拭き、それからトイレットペーパーをパンツの中に挟んで精液を吸収させながら、そのまま学校に行ってました(笑)。帰る頃にはパリパリに乾いてました。そして普通に洗濯かごに放り込んでいたのですが、黄色いシミは付いてるし、匂いもしてたと思います。親には何も言われませんでしたが、絶対バレてたと思いますね(笑)。陰毛もそうですが、僕はそういうことをあまり恥ずかしがらない子だったようです。