陰毛の手入れ

なぜ性器の周りには陰毛が生えるのか? その理由はよくわかっていません。しかし一説によると、異性に性的興奮を起こさせるためとか、性交が可能になったことを相手に知らせるためとも言われています。なるほど、陰毛が生えていればまず間違いなく射精は可能ですよね。

ところであなたは陰毛の手入れをしていますか? それとも自然に任せる派ですか? 昔は男性が陰毛を手入れすることはほとんどなく、全く気にしないでボーボーに生やしておくのが一般的だったようです。しかし最近は見た目を気にする人も多く、男性でも陰毛を手入れする人が増えています。自分もその一人です。ここでは陰毛を手入れするメリットと自分がやっている方法について紹介したいと思います。

欧米人はツルツルが当たり前!

海外のアダルト動画を見ていると何か気付くことはありませんか? ほとんどと言っていいくらい、陰毛をきれいに剃っている人が多いのです。それも完全にツルツルです。いわゆるバイパンというやつですね。むしろボーボーに生えている人の方が少数派です。これも文化の違いなんでしょうか、西洋ではセックスの時に不快感を与えないように陰毛を剃るのがエチケットと考えられているのかもしれませんね。

日本ではまだまだ少数派

ところが日本では陰毛を剃るという習慣はほとんどありません。大人は陰毛が生えているのが当たり前と思われています。ですから温泉などでツルツルの股間を晒していると明らかに奇異の目で見られます。陰毛を剃るという行為自体が何か「変な人」みたいに思われてしまうのですね。つまり陰毛を完全に剃ると「引かれて」しまう可能性が高いのです。

ある程度の陰毛は必要

上に述べたように、日本では陰毛を剃るという行為は一般的でないため、ツルツルにしてしまうことはお奨めしません。たぶん恥ずかしくて温泉などに行けなくなります(笑)。もともと陰毛はそれ自体がエロティックなもので催淫効果があると思っていますので、セックスシンボルとして絶対に必要なものです。僕はツルツルの股間には全く魅力を感じないので、陰毛はある程度濃い方が興奮します。とは言ってもそれも程度の問題で、あまりにもボーボー過ぎてパンツからはみ出すくらいになるとやはり不潔感を与えてしまいます。ですから不自然にならない範囲で短く手入れするのが理想的なのです。

陰毛を手入れするメリット

陰毛を完全に剃るのではなく、短く整えることには多くのメリットがあると考えています。僕が特にそう思うのは次の点です。

清潔感がある

陰毛があまりにも伸びすぎるとやはり不潔な感じがします。特に陰嚢の周りやパンツからはみ出す部分は不潔感が強いです。実際にも陰毛が伸びすぎると雑菌が繁殖しやすく、悪臭の原因にもなります。自然に見える範囲で短く整えられた陰毛は相手にも清潔感を与えるものです。

ペニスが大きく見える

平常時のペニスがそれほど大きくない人(自分もそうですが)の場合、陰毛が長すぎると埋もれてしまってほとんどペニスが見えなくなります。これではエロさも半減ですね。陰毛を短く切り揃えることによってペニスを露出させ、大きく見せることができます。今までとは違う自分のペニスに興奮を覚えるかもしれません。

包皮への巻き込みを防止する

特に仮性包茎の人は陰毛が包皮に巻き込まれてしまって痛い思いをしたことがあるでしょう。自分も経験あります。陰毛を短くカットすることによってこの忌まわしい問題を解消することができます。

オナニーやフェラチオの邪魔にならない

陰毛が長すぎるとやはり手で引っ張ってしまって痛い思いをすることがあります。短くカットしておけばそんな心配はありません。またセックスの時もフェラチオしてもらうのに邪魔になることがありません。陰毛が顔に当たったら不快ですから、やはり短くしておくのがエチケットでしょう。

精子の生産能力が高まる

陰嚢周りの毛を剃ることによって陰嚢の放熱効果が高まります。実際に剃ってみるとかなりスースーした感じになり、触ると冷たい感じがします。精子は熱に弱いため睾丸を低温に保つ必要があり、少しでも放熱の妨げになるものは剃った方がベターです。精子の生産能力が高まればそれだけ精力が旺盛になり、妊娠可能性も上昇します。

陰毛を手入れするのに必要な道具

ハサミとカミソリ、それにシェービングクリームがあればとりあえず十分です。カミソリは普通のひげ剃り用のT字型でもOKです。ただし目詰まりしやすいのでこまめに毛を取り除く必要があります。最近はメンズグルーミングと称して体毛処理用の電動シェーバーも市販されていますので、そういうものを使うともっと手軽に手入れできるかもしれません。

陰毛の整え方

上に述べたように、自然に見える範囲で陰毛を手入れするのは多くのメリットがあります。人によってやり方は様々だと思いますが、ここでは僕がやっている方法を紹介します。まず下の図をご覧下さい。

陰毛の手入れ

ペニス上部の毛は4cm程度に切り揃える

陰毛のメインと呼べる部分ですが、陰毛は放置しておくと最大7cmくらいまで伸びるようです。理想的な長さは人によって違うと思いますが、僕は4cmを目安にしています。あまりにも短くしすぎるといかにも手入れしている感じがバレてしまいますし、4cmくらいならほとんど違和感がありません。ここは手で引っ張りながら先端をハサミでカットするだけでOKです。

Vライン(ビキニライン)はカミソリで剃る

股の両脇、いわゆるVライン(ビキニライン)に陰毛がはみ出しているといかにも汚らしいものです。ここはハサミが使いにくいので、カミソリを使って根元からきれいに剃ってしまいましょう。ここを剃るだけでずいぶんサッパリした印象になります。

ペニス根元の毛は短く切る

ペニス根元に生えている毛はペニスを埋もれて見えにくくし、巻き込みの原因にもなる大変邪魔な毛です。ここは根元からハサミでバッサリ切ってしまいましょう。上側だけでなく、両脇の毛も忘れずに。メインの陰毛を残してあれば見えない部分なので、根元からカットしても他人にはわかりません。ここをカットするだけでペニス全体が露出し、とても立派に見えますよ。

陰嚢周りの毛はカミソリで剃る

陰嚢の周りにびっしり毛が生えているといかにも不潔な感じを与えてしまいます。陰嚢の冷却効果を高めるためにもここはツルツルに剃ってしまうことが理想的です。人は陰嚢まで気にしないため、完全に剃っても意外と気付かれないものです。ただデリケートな部分なのでカットするときは十分な注意が必要です。まず陰毛を手で引っ張りながら、1cmくらい残してハサミで短くカットします。その後はカミソリを使って丁寧に剃り上げます。力を入れすぎると出血したりしますので注意。カミソリは軽く当てる程度で十分です。陰嚢の毛を剃れば見た目がとてもスッキリし、非常に爽やかな感覚を味わえます。個人的に一番のおすすめ。

会陰部や肛門周りの毛も忘れずに

陰毛とは別ですが、人によっては陰嚢と肛門の間の部分(会陰)や肛門の周囲にびっしりと毛が生えていることがあります。自分もそうですが、これは非常に汚らしい感じがするので常にきれいにしておきたいものです。ここも場所的にハサミを使うのは難しいので、カミソリを使って傷つけないように慎重に剃ります。

陰毛をデザインする

陰毛の生え方は人によって違いがあり、それも個性と言えます。特に生え際の形が重要です。上で述べた陰毛の手入れから一歩進んで、おしゃれ感覚で自分の理想的な形に「陰毛をデザインする」というのも楽しいかもしれません。

デメリットは?

陰毛を手入れすることによるデメリットはほとんどないのですが、あえて言えば次の2点です。

チクチクする

陰毛をカットしてから1週間くらい経って少し伸びてくると、チクチクして股間が痒くなることがよくあります。これは数日我慢すると慣れてきますが、やはり不快なもので陰毛カットの宿命と言えます。チクチクするのは切った先端が尖っているためで、ハサミやカミソリを使うと必ずそうなってしまいます。

この問題を解消するため、上のような熱で焼き切るタイプのカッターも市販されています。これなら刃物で切るのとは違って先が尖らないのでチクチクしにくいわけです。一度に少しずつしか切れないのが欠点とされてますが、チクチク問題で悩まされている方には試してみる価値があるでしょう。

引かれる可能性がある

手入れをやりすぎてあまりにも短くしすぎると、「いかにも手入れしてます」という感じになって引かれてしまう可能性はあります。何でもやりすぎは禁物ですから、手入れしていることがわからない程度にほどほどにしておきましょう。

月に一度の手入れが理想的

陰毛は伸びるのが結構早くて、3ヶ月もするとかなり元に戻ってしまいます。理想的には月に一度は手入れしたいものですが、なかなか面倒で自分もそこまではできていません。やはり電動シェーバーなどを導入すると手軽になるのでしょうね。