勃起率(膨張率)

ペニスが勃起するとどのくらい大きくなるのか? その割合を「勃起率」と呼ぶことにすると、最も単純には勃起時の全長を平常時の全長で割ったものと考えられます。つまり、ここでは次の式で定義されるものとします。

勃起率=勃起時全長/平常時全長

もちろん実際には長さだけでなく太さも考慮する必要がありますから、そう単純には定義できないと思いますが、一般の人が興味あるのは長さの変化ですから、これでも概ね当たっているのではないかと思います。

勃起率

まず勃起率の平均値を全サンプル(全年齢含む)について算出しました。

平均値=1.76

つまり、勃起すると平均では長さが1.76倍に大きくなるということです。

次に勃起率の分布を求めてみました。

ペニスの膨張率分布
すると1.5~1.6付近にピークがあることがわかります。平均値が1.76とやや高めに出たのは、高い方の値に引っ張られた結果と考えられます。この定義では分母である平常時全長が小さいほど勃起率が大きくなりますが、平常時の長さというのは測り方によってずいぶん違いますから、勃起率3以上は当てにならないと思います。

以上のことから、勃起率は平均1.5前後であると考えるのが妥当だと思います。

長さ変化

次に比率ではなく、平常時と勃起時でどのくらい長さが変化するのか、絶対値を求めてみました。ここでは次の式で定義するものとします。

長さ変化=勃起時全長-平常時全長

まず全サンプルにおける平均値は次の通りでした。

平均値=6.09cm

また長さ変化の分布は次のようになりました。

ペニスの勃起時と平常時の長さの差
するとだいたい平均値の6cmを中心に分布していることがわかります。また概ね3~8cmの範囲に大半が集中しており、それより外側は極端に少ないということもわかります。したがって、ペニスの大きさ自体は個人差が大きいものの、勃起による長さの変化は人によってそれほど違わないという事実が明らかになりました。

平常時全長と長さ変化との相関関係

よく「小さいペニスほど勃起すると大きい」という話を聞きます。また公衆浴場などで大きなペニスをぶら下げている人を見ると、「あれが勃起するとどんなに大きくなるんだろう?」と想像してしまったりもします。実際のところ、大きなペニスと小さなペニスでは勃起したときのサイズがどのくらい変わるものなのか、かなり興味があります。

そこで平常時の大きさと勃起による長さ変化との相関関係について求めてみました。もし勃起率で考えると平常時全長が小さいほど勃起率は大きくなり、いわば当たり前の結果になってしまうため、あまり意味はありません。そこで勃起時と平常時の長さの差で考えることにします。つまり、これは勃起による「伸びしろ」と考えることができます。

ペニスの平常時の長さと伸びしろの相関関係
その結果、非常に興味深いデータが得られました。ご覧の通り、平常時に小さいペニスほど「伸びしろ」が大きく、大きいペニスほど「伸びしろ」は小さいということが一目瞭然なのです。平常時の長さに「伸びしろ」を足してみると、おおよそ13~15cmになることもわかるでしょう。つまり、平常時の大きさが大きくても小さくても、勃起したときの大きさはあまり変わらないということなのです。たとえば平常時14cmのペニスが勃起すると、平均的な勃起率1.5を掛けて14cm×1.5=21cmになるかというと、そんなことは決してないということですね。このデータが正しいとすれば、勃起しても3cm程度しか大きくならず、実際には17cm程度だろうと予想されます。

上の結果より勃起率を求めると、平常時6cmの人では(6 + 7.5) / 6 = 2.25となり、平常時14cmの巨根?の人では(14 + 3) / 14 = 1.21という結果になります。つまり、平常時小さい人ほど勃起率は大きいということが裏付けられました。

平常時のペニスを目いっぱい引き伸ばしたときの長さは、最大勃起したときの長さにほぼ等しいことはよく知られている事実です。ですからペニスというのは風船のように弾力性があるわけではなく、ビニール袋のような弾力性のない袋と考えるべきなのです。したがって、最大のサイズというものはあらかじめ決まっていて、そこへ流し込まれる血液の量によってだけ見かけの大きさが変化するのです。そしてペニスの海綿体に流し込まれる血液の量は、入ってくる血液量と出て行く血液量の差で決まります。もちろん勃起時は入ってくる方が多くなって出ていく方が少なくなるわけですが、もしかすると平常時に大きい人というのは、平常時でもある程度の血液が海綿体に流れ込んでいて、軽く勃起した状態になってるのではないか?と想像できます。だから伸びしろが少ないのでしょう。実際に、普段から少し立っている人というのは結構見たことがあります。

とくに平常時小さいペニスを持っている人は短小コンプレックスに悩みがちですが、上の結果から平常時6cm以下の人は2倍以上の勃起率を持っていることが明らかです。勃起してもあまり大きさが変わらないペニスより、見違えるほど大きく逞しく変身するペニスの方がビジュアル的にインパクトがありますね。普段小さいのは血流量のバランスがうまく取れていて海綿体にほとんど血液が流れ込んでいないからで、興奮するとドバーツと血液を送り込むことができるのですから、「性能の良い」ペニスを持っているんだと自信を持ちましょう。